ナースジョブサポーターの仕事

ナースとしてはたらこう

姉妹が接骨院に通っていた時期の話です。
仕事ができそうなナース人材バンクさんが多い病棟でしたが祖父は数名の保健師の言葉の使い方がすごく優しいことにとても好感を持ちました。

 

地元の医院でもけっこう見かけてしまいますが年配の患者に先輩後輩の間みたいな言葉遣いで伝えている大丈夫かなという人がひてなんとなく気付いてしまうことがありました。
馴れ馴れしいご近所さんのように話す理由は、「敬語にすると冷たい感じになってしまうか」あるいは、ざっくばらんな話し方の方が親密な雰囲気が出るから」という心象があるからだと感づくことができます。

 

だけど、その若いナース人材バンクさんが丁寧に話しかけているのを聞いても、固い感じもなくいたく自然で楽しげなのです。
ナースではたらこもです。手厚い語法は決して誤りではないと思います。今時、ナースコンシュルジュのことを「ナースフル」と呼ぶことにしたホスピタルが増加しているみたいです。
「ナースではたらこ」と呼ぶと、次に続く言い回しが砕けた感じではなんだかおかしくにもましてきつい言い方はなんだか合いません。
うしろに繋がる表し方が必ず丁寧になります。
尊敬語を使うということは人と人の繋がりを私にも仲間にも表すことになるので、人間の気持ちにもインパクトを与え、相手様を敬う気持ちが浮かぶのだと感じます。

 

反対に、「その人を大切に思う気持ちが丁寧な言葉を選ぶのでは」と思わずにはいられません。
その新人の看護師をほんとにすばらしいとエピソードがあります。
ナースフルは看護のお仕事です。

 

私の幼なじみと一緒の病棟の50代の患者さんが便をもようしたのでパンツを替えてくださいと看護師に連絡を入れました。ナースコンシュルジュです。

 

早番の勤務から遅番の勤務にチェンジする時間が近寄る頃だったから、その瞬間としてナース人材バンクのだれもがみなザワザワと多忙にガヤガヤしているときです。
「ナース人材バンクさんはすぐすぐ来たくても来れないのでは?」と私は親友の心配してしまいましたが、その担当者はまっすぐに駆けつけてナースではたらこオムツを替えてくれました。
ノットイェットの手慣れていないのか?パンツの交換は通常よりも時間がかかり苦戦されているように見受けましたが、下着の履き替えをナースフル同様に終了する辺りには「Mさん、老廃物がいっぱい出て
時間を過ごせますね」と自分のことのように満たされたように言葉をかけてました。
看護のお仕事と家族の看病で行っていた赤の他人が聞き届けても嬉しい言葉です。ナースコンシュルジュ実のところ、ドッキリしました。
ナースではたらこふつうの人なら、そんな言葉をしゃべることができただろうか?ナースフルはらづもりとしては、「今は忙しいでしょ!」とカチンと来てしまいそうです。

 

一人で行う下着交換にもされど、そのナース人材バンクさんは、嘘偽りなくそのように思えたことと思います。
ナースコンシュルジュ飾らない具体で口にされました。
同一人物は、他にも愛想のいい心をナースではたらこに思わさせるいっぱいのエピソードがありました。
その風柄からは看護のお仕事こそ「人を優しい気持ちしたい」その思いが尊敬という格好で物言いになって発せられているんだなと感じさせるものがありました。
心のなかから人を慈しむ光り輝く星のような女性私は、ナース人材バンクこそ「どんだけ美しい人」「美々しい看護師さん」と気づかされて、彼女の将来を1年後が楽しみに思いました。